アセンデッドマスターってだれ?なにするの?

あなたは「アセンション」や「 エネルギーヒーリング」またはなにか他のスピリチュアルな事について読んでいるうちに「 アセンデッドマスター」という言葉にたどり着いたのではないでしょうか。

そして、もし「アセンデッドマスター」がだれなのか、なんなのかを知らなくても心配しないでください。

「 アセンデッドマスター」という言葉はスピリチュアルな内容にたびたび登場しますが、実は何を意味するのかハッキリと知らないまま語られることが多いのです。

ここではアセンテッドマスターがだれなのか、どんな存在なのかを分かりやすく説明しています。ぜひ一読してみてください。

はじめに知っておくべきこと

「アセンデッドマスター」について説明する前に、まずは知っておくべき用語と心得的なことを紹介します。

カルマ

カルマをカンタンにいうと「原因と結果の法則」です。

この世のすべての行動にはそれに対して相反する反応があります。

なにかを決めたり、行動を起こすとその行動に関連するできごとの「ドミノ効果**」が作成されます。(**ドミノ効果とは、ある行動を変えたことで連鎖反応が起こり、ほかの行動も変わること)

宗教的または文化的背景にかかわらず、「やったことは自分にもどってくる」というカルマの考えを聞いたことがあるのではないでしょうか。宇宙では、そこに出したものはすべてあなたに戻ってくるという自然の成り立ちがあると考えられています。

あなたがある選択をし、それによってよいことが起こるか、または好ましくない結果に直面するという連続的なサイクルが「カルマサイクル」です。

多くのスピリチュアルの世界では、人生の終わりにはカルマを生産することなく次の人生に持ち越すと信じられています。

生まれ変わり(輪廻転生)

生まれ変わりは、私たちの魂が別の肉体の生まれ変わり、前世で築き上げてたカルマを引き継ぐというスピリチュアル的な概念です。 ひとつの生涯で得たカルマの大きさ(量)に応じて転生サイクルをくりかえします。

この考えは誤解されていることが多く、前世でよくないことをすると次の人生は苦しいものとなる、と信じられていますが、それはカルマと生まれ変わりの正しい関係性ではありません。苦しむことで負のカルマを埋めることはできません。

思いやりを持ち、愛情を与え、ジャッジしないことを選択することが、あなたの前世でのよくなかった点を補うことができるのです。

西洋でいう「罰と正義」の考え方はカルマのことではないと言えるでしょう。

カルマは苦行よりもバランスの問題です。

アセンションを理解する

アセンション(英語で”上昇”の意味)は、カルマのサイクルを抜け出すプロセスです。

アセンションするためには次の生涯でまた人間の個体に転生しないよう、すべてのカルマを消化しなければなりません。 簡単なことではありませんが、多くの人たちが成し遂げようとしていることです。

ハイヤーセルフ

アセンションを語るには「 ハイヤーセルフ」を理解することも大切です。

これは、私たちの魂が肉体をもっている一方で、肉体の外側にも私たちの一部(ハイヤーセルフ)があるという考えです。 ハイヤーセルフはつねに私たちとコミュニケーションを取り、より高い次元へと導こうとしています。

アセンション(上昇する)とはハイヤーセルフと融合することです。

あなたがつねにより高い次元をこころざし思いやりと優しさを持ち続けたとき、あなたはカルマを完全に消化し、生まれ変わりサイクルを終わらせます。

そしてハイヤーセルフと融合することができます。

アセンデッドマスターとは

さて、ここまでで「カルマ」「輪廻転生」「アセンション」は理解できたことと思います。

では「アセンデッドマスター」がだれであるかを紹介します。

「アセンデッドマスター」はかつては私たちのように人間でしたが、生まれ変わりを繰り返しながらカルマを完全に消化しアセンションをした人のことです。

もはや肉体を持っていませんが、スピリットガイドや天使のようなスピリチュアルな存在とは異なり、かつては人間でありカルマサイクルを経験しています。

つまり、私たち一人一人がアセンデッドマスターへの道を歩んでいる存在なのです。

アセンデッドマスターは私たちにアドバイスを与えることのできる、生まれ変わりにより得てきた膨大な知識があります。 彼らは物理的な限界を乗り越え、より高い次元にあります。

そして彼らは私たちをアセンションに導くため、手を差し伸べていると考えられています。

それがアセンデッドマスターです。

まとめ

人はカルマを持ち、生まれ変わりを繰り返し、やがてアセンションをしたのちにアセンデッドマスターになるというお話でした。

つまりこれを読んでいるあなたも、いつの日かアセンデッドマスターになるときがやってくるのです。

その時まで多くのカルマを乗り越えながらこの世で生き続けていくことになります。

悲観することはありません。困ったり、悩んだり、挫折した時はアセンデッドマスターに助けを求め、解決を求めましょう。彼らはよろこんであなたを導くことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました