クリスタルチューナーとは?天然の水晶が生み出す超クリアな音のヒーリング楽器

クリスタルチューナーは、楽器のチューニングをするためのチューナー(音叉)をクリスタル(水晶)でたたいて音を出し、音の振動で浄化することを目的とするヒーリング楽器です。

どんなチューナーを使う?

チューナー(英語でtuning fork、日本語で音叉(おんさ)は楽器の音をチューニング、または医療で聴取時間するするアイテムで、図のようにいろいろなサイズがあります。

クリスタル(水晶)で音を出すクリスタルチューナー(クリスタルヒーリングチューナー)には、4096と数字が刻まれている短いチューナーをつかいます。4096はこの音叉から出る周波数(Hz)(ヘルツ)です。

4096Hzという周波は、地球の基本周波とされる8Hzの振動を倍増し、8オクターブ(8 cps、32 cps、64 cps、128 cps、256 cps、512 cps、1024 cps、2048 cps、4096 cps)上げられた周波数。この周波数は「天と地を結ぶ天使のトビラを開く音域」とも言われている音域です。

チューナーの素材は100%アルミニウムが人気です。毎秒4096Hzという高周波を発するように調律されていて、国産のチューナーも発売されていてアマゾンなどでも購入できます。

どんなクリスタル(水晶)をつかう?

クリスタル(水晶)は、クリスタルポイントと呼ばれる形の一方がとがったクリスタルをつかいます。この形のクリスタルはパワーストーンやさんなどで手軽に購入することができます。

クリスタルチューナーの作用は?

そんな音域を持つチューナーとクリスタル(天然水晶)と共に音を出しヒーリングの効果を得るのが、クリスタルヒーリングチューナー(クリスタルチューナー)です。

クリスタルチューナーの目的はクリスタルが持つパワーをチューナーの周波数に乗せ、あらゆるものの浄化の作用があると言われています。

これは周波数により空間を振動させカラダと共鳴させることにより、カラダが持つ波動を調整するのです。天使の扉の周波数がネガティブなエネルギーをポジティブに変えるとも考えられています。

クリスタルチーナ―の作用には

  • 水や光ではできないパワーストーンの浄化
  • エネルギーフィールドの滞りの開放
  • チャクラ、オーラの調整
  • 室内や土地などのエネルギーの浄化
  • 睡眠へといざなう

などがあります。

クリスタルチューナーの使い方

クリスタルチューナーの使い方は、片手にチューナーを、もう片方の手にクリスタルを持ち、クリスタルをチューナーにカチッ!と当てます。
クリスタルポイントはとがっていないところを持ちます。

音がひびいたら、浄化したい部分(またはモノ)のごく近くで音がひびいているチューナーを円を描くように回します。

音が消えるまでくるくる回します。音が消えたらまたクリスタルをチューナーに当てます。

この繰り返しです。
こちらの動画にとても分かりやすく説明されています。

まとめ

テレビや動画、ましてや自然界では聞くことのない周波数の音をだすクリスタルチューナー、いつもそばに置いておきふとした時にならしてみると生活にメリハリがでそうです。

なおクリスタルポイントは天然の産物で、とてもデリケートです。ちょっとした刺激やチューナーに強く叩きつけるとひびが入ってしまったり、割れてしまう事もあります。

取り扱いには十分に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました