マナカードとは?ハワイの叡智のメッセージをあなたに送るカード

マナカードとはハワイの植物や古代からの言い伝え、神話の登場人物、プエオやモオなどのアウマクア(守護動物)、ハワイの工芸品などが描かれている44枚のカードです。

「マナ」はハワイ語で「人も自分も幸せにするスピリチュアルなエネルギー」「目に見えない神聖なパワー」「超自然の力」「生命の力」「奇跡」のこと。ハワイのエネルギー、パワーを秘めたカードなのです。

占いではないマナカード

マナカードは未来を予言する”占い”という感じではなく、あなたの置かれている状況や人間関係、人生の目的などのさまざまな迷いの「問い」に対して、必要なメッセージを届けてくれるとができるスピリチュアルなアドバイザー的な存在です。

自分でカードを引き、自分の中から答えを導く、自己セラピーでもあります。

マナカードにはネガティブ意味のメッセージは存在しません。すべてが私たちの生きる力(エネルギー)をより良い方向へ導いてくれます。

マナカードはだれが作ったの?

マナカードの発案者は、アメリカ人のキャサリン・ベッカーさん。ニューヨーク州出身で現在はハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科の助教授をされている方です。

彼女は1985年に初めてハワイを訪れハワイ大学マノア校で4年間修士課程をおさめた後、ニューヨークへいったん戻りますが、1992年のクリスマス・イブに「できるだけ早くハワイに帰らなくては私は枯れて死んでしまう」と強く感じたことから、ふたたびハワイへ。その後、マナカードのビジョンを得て製作をはじめたそうです。

カードのハワイの美しい自然の数々を描いているのは、マウイ島在住の画家ドヤ・ナーディンさん。
マナカードのほか「Tibetan Divination System」というカードのイラストも描かれている方です。

マナカードはなぜ44枚?

ハワイでは「4」という数字はもっとも神聖な数字とされています。ハワイ諸島が4×2である8つの島から構成され、ハワイの4守護神**であることから、カードの数も4を意識した「44」になったのではないかと思われます。

各カードにはそれぞれハワイ語の名前と意味があります。

**4守護神
「Ku(クー)」男性のシンボルであり、戦いの神
「Lono(ロノ)」農耕と平和の神
「Kane(カーネ)」生殖の神、生命の神
「Kanaloa(カナロア)」海神であり、イカかタコの姿で現され魔法と冥界の神

ハワイの知恵を授けてくれる冊子とセット

マナカードは194ページの冊子がセットとなっています。これはハワイの知恵と教え、各カードの解釈、チャント(ハワイに古代から伝わる祈りの言葉)などが掲載されている解説本です。

マナカードの使い方

マナカードは使う前に気持ちを集中し、意識を解放させるために「ピコピコ(pikopiko)」と呼ばれる呼吸法で体を整えます。またピコピコをやることでメッセージの精度が向上すると言われています。

ピコピコのやり方

1. 鼻から大きく息を吸いながら、頭頂部から天にむけてエネルギーを送るイメージをします。

2.吸い込んだ息を吐きながら、みぞおちあたりまで天のエネルギーを取り込むようにイメージします。

3.鼻から大きく息を吸いながら、背骨の一番下(尾てい骨あたり)から地球の中心部に届くエネルギーでつながるイメージします。

4.息を吐きながら、意識をみぞおちへおくり、今度は地球のエネルギーをみぞおち付近まで引き上げるイメージをします。

これを1セットとして、4セット行います。

そして、1日で初めてマナカードを使うときは意識を解放しイメージを高めるために、ハワイに古代から伝わる祈りの言葉「チャント」を詠唱します。

マナカードには7つの並べ方がある

マナカードには「スプレッド」と言ってお悩み別に並べるカードの並べ方が7つあります。

・ククイ ドロー
・フナ ヒク ナ ホク スプレッド
・パパ アンド ワケア スプレッド
・タロ スプレッド
・ザ カーヒコル ノホイー スプレッド
・カ ラア リマ スプレッド
・ヘアウ アヌウ オラ スプレッド

まとめ

必要なときに必要な人にメッセージを与えてくれるマナカードは、マナの力とつながり知恵と勇気をもらえるすてきなツールです。

カードと冊子をいつも手元において、人生を軽やかに乗りきってみてはいかがでしょうか。

マナカードはアマゾンなどでも購入可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa Takamura💗(@makana_miwa519)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました