【ティンシャ】からだや場を浄化する神秘的な手のひらサイズのヒーリングシンバル

ヒーリング楽器シリーズ、今回は「ティンシャ」を紹介します。

ティンシャとは?

「ティンシャ」は、「チベタンベル」「チベタンシンバル」とも呼ばれ、チベット高僧、僧、尼僧によって祈りや瞑想、儀式で使われる小さなシンバルで、魔除けや旅路の安全の祈りにも用いられています。

ティンシャは今日では祈りや特定の儀式で使用されるだけではありません。せちがらい現代社会を生きる私たちのヒーリングアイテムとして、ヨガ、メディテーションやリラクゼーション、また精神や空間、モノの浄化などに利用されています。

ヒーラーやセラピストにはサウンドヒーリングセラピーに活用されています。

たとえば レイキのサウンドセラピーでは、ティンシャとシンギングボウルの音を合わせ、癒しと瞑想をサポートします。そのサウンドはストレスを減らし、集中力を高めると信じられています。

ティンシャについて

ティンシャ(Tingsha)はチベットから来ました。 tingshaという用語は2つの単語で構成されています。「ティン」は打たれたときのシンバルの音を表し、「シャ」は吊り下げを表すチベット語です。

インドのマンジーラや中国のパウリンなどとおなじような楽器ですが、打ち合わせたときのの音の余韻の長さはティンシャが一番だと言われています。

オリジナルは7つの金属でできている

ティンシャの伝統的な材質は7メタルと呼ばれるチベット密教の占星術によっては関連づけられた、金(太陽)、銀(月)、水銀(水星)、銅(火星)、鉄(金星)、スズ(木星)、鉛(土星)の7つの惑星に対応する金属です。

7メタルを使用しているティンシャは高僧が使う高級品であり、5メタル、3メタルと言った廉価品もあり、チベットのおみやげ屋さんなどで売っている大量生産の格安なティンシャは2メタル、1メタルのものもあります。

7メタルのティンシャの音色は7つのチャクラを活性化させ、浄化を促すと言われており、チャクラが活性化するとオーラが強化され、邪気を寄せ付けなくなると考えられています。

高価なティンシャはひとつひとつ職人によってていねいに手作りされています。手作りなので当然、右と左の2つのシンバルの音は微妙にちがいます。二つとしておなじ形、おなじ音をもつティンシャは存在しないのです。

ティンシャの種類

ティンシャには、シンプルで何もデザインの入らないプレーンなもののほか、

●Om Mani Padme Hum (オンマニペメフム)–チベット仏教で最も人気のあるマントラ。 観音菩薩のマントラ(ダライラマ法王は観音菩薩の生まれ変わりとされている)

●ドラゴン –創造力、富、エネルギーを象徴

●8つのラッキーシンボル (8つの縁起の良いシンボル/ アシュタマンガラ )–「タシタゲ」と呼ばれる「幸せのシンボル」

など、意味のあるデザインが刻まれているがあります。

とりわけ8つのラッキーシンボルにはそれぞれに意味があります。

・法輪(チューコル): 仏の教えを回転させ世界に広める輪
・白い蓋(ギェルツェン):煩悩を取り除くき仏教の勝利の宣言
・金魚(セルニャ):悩みからの精神の解放
・吉祥紐(べルべウ):仏教の無限の慈悲の教えを表す メビウスの輪
・宝傘(ドゥク):危害から守るチカラの象徴、平安な日々をもたらす
・蓮華(ぺマ):無垢を象徴し慈悲の心を表す
・宝瓶(ブムバ):繁栄と不老長寿の甘露が入った瓶
・法螺(トゥン):仏教の心理を告げる右巻きのほら貝

ティンシャを使う状況

ティンシャはさまざまな場面で使うことができます。

  • ヨガ、瞑想をするとき
  • 気持ちを落ち着かせたいとき
  • 部屋やその場の空気を浄化したいとき
  • 勉強に集中したいとき
  • スポーツの集中力を高めたいとき
  • カラダと身体を癒したいとき

ティンシャの鳴らし方

ティンシャの鳴らし方はおもに三通りあります。

■ひもを持って揺らす
両手の指でひもをつまみ、垂直にたらします。
力を抜いて水平に保ち、そのまま静かに左右に揺らし、ティンシャの側面をそっと打ちつけます。

■しっかり持って鳴らす
ティンシャ本体を上下にクロスするように持ち、上のティンシャを下のにチーンとあてます。

■シンバルのように
いわゆるシンバルのように両サイドから同時に合わせます。

ティンシャのサイズ

ティンシャはデザインとは別にさまざまなサイズが存在します。小、中、大と表示されたり、正確な直径(インチ)でラベル付けされています。 小さいものは約1.75インチから、大きいものは約3インチで2倍の大きさになります。

ティンシャの音はサイズと鳴らし方の強弱によって変わってきます。 小さいティンシャはシャープで高音のトーンの音が出て、大きいティンシャは深みのある音が出ます。

まとめ

ティンシャは手のひらサイズなのでどこへでも持ち歩くことができるため、とても身近なヒーリング楽器と呼べるでしょう。

常に持ち歩いて、なにかアイディアが欲しいとき、出先でイヤなことがあったとき、落ち着くべき状況になったときなど
必要に応じですぐに鳴らせるようにしておくといいですよ。

専用のケースも販売されているのでチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました